セマンティックタイプで自動的にカラムにタグ付け - Cloud

Talend Cloud Data Catalog入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
セマンティックタイプ、データプロファイリング、サンプリングを使ってanonymized_ordersデータベーステーブル内のメタデータを分類します。

始める前に

[Editor] (エディター)セキュリティロールが割り当てられていること。

手順

  1. 検索バーにanonymized_orders tableと入力します。
  2. anonymized_ordersをクリックしてその詳細ページにアクセスし、[Columns] (カラム)タブを開きます。
  3. ツールバーで[Columns] (カラム)をクリックし、表示モードに[Grid] (グリッド)を選択します。
  4. [Semantic Types] (セマンティックタイプ)カラムを[Available columns] (利用可能なカラム)から[Selected columns] (選択したカラム)にドラッグ&ドロップして、Gridビューに表示します。
    Talend Cloud Data Catalogはタグを既に提案しています。
  5. email_addressの提案されたセマンティックタイプを承認する前に、カラム名をクリックして詳細ページを開き、このデータに関する統計とその他の情報を参照します。
    [Overview] (概要)タブにデータプロファイル情報が表示されます。
  6. anonymized_ordersテーブルページに戻り、[Data Sample] (データサンプル)タブをクリックして、サンプルデータをプレビューします。
  7. [Columns] (カラム)タブに戻り、チェックアイコンをクリックして、email_addressEmail セマンティックタイプを承認します。

タスクの結果

エンタープライズボキャブラリーをドキュメント化するための用語集を実装する準備が整いました。