セマンティックタイプを使っで機密データを自動的に検索および非表示化 - Cloud

Talend Cloud Data Catalog入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
PIIセマンティックタイプをanonymized_ordersテーブルのemail_addressカラムに適用します。

始める前に

  • [Data Manager] (データマネージャー)セキュリティロールが割り当てられていること。

  • 管理者がデータが非表示になるようセマンティックタイプを設定していること。

このタスクについて

デフォルトでは、[PII]セマンティックタイプはTalend Cloud Data Catalog辞書内に存在し、データを非表示にするように設定されています。
このセマンティックタイプを適用する時にデータ資産を機密として識別すると、自動的にデータは権限のないユーザーには表示されなくなります。

手順

  1. 検索ボックスにemail columnsと入力します。
    ACME customer hubデータベースからのemail_addressカラムが検索結果に表示されます。
  2. ツールバーで[Columns] (カラム)をクリックし、[Grid] (グリッド)ビューを選択します。
  3. [Semantic Types] (セマンティックタイプ)カラムを[Available columns] (利用可能なカラム)から[Selected columns] (選択したカラム)にドラッグ&ドロップして表示します。
    [PII]タグは、orders_usorders_eucustomersテーブル内のemail_addressカラムに適用済みです。
    Talend Cloud Data Catalogは、anonymized_ordersテーブル内のemail_address[PII]セマンティックタイプを提案します。
  4. セマンティックタイプを承認するには、チェックアイコンをクリックします。
  5. anonymized_ordersテーブルの詳細ページを開きます。
  6. [Data Sample] (データサンプル)タブをクリックします。
    email_addressカラムヘッダーが黄色にハイライト表示され、そのデータはグレイ表示になります。
    データマネージャーのセキュリティロールなしでanonymized_ordersテーブルからサンプルデータのプレビューを表示すると、PIIのデータ値が#番号記号の文字列に置換されます。

タスクの結果

これで、テーブルをタグ付けし、データ保護規則に準拠していることを示す準備ができます。