用語集の用語をテーブルカラムにリンク - Cloud

Talend Cloud Data Catalog入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
Email address用語をACME customer hubデータベース内のメールアドレスを含むカラムにリンクし、最初のセマンティック使用状況分析を実行します。

始める前に

[Editor] (エディター)セキュリティロールが割り当てられていること。

手順

  1. 検索ボックスにemail columnsと入力します。
    ACME customer hubデータベースからのemail_addressカラムが検索結果に表示されます。
  2. Ctrl + クリックまたはShift + クリックで、4つのemail_addressカラムを同時に選択します。
  3. いずれかの行を右クリックします。
  4. メニューから[Classify / Un-classify...] (分類/分類解除...) > [Select existing term] (既存の用語を選択)を選択します。
  5. Email Address用語を選択し、[OK]をクリックします。
  6. 検索ボックスでEmail Address用語を検索し、詳細ページを開きます。
  7. [Semantic Flow] (セマンティックフロー)タブで、セマンティック分析のタイプとして[Usage] (使用状況)を選択します。
    [List] (リスト)ビューでは、ACME customer hubからのemail_address[Classified] (分類済み)とマークされています。
    [Diagram] (ダイアグラム)ビューでは、用語とカラムの間にセマンティックリンクが青い破線で表示されます。
  8. いずれかのカラム名を右クリックして詳細ページを開き、用語が正しく関連付けられているかどうか確認します。
    ヘッダーでは、関連付けられた用語がカラム名の横に括弧で囲まれて表示されます。用語の定義はビジネスの説明にも追加されています。

タスクの結果

これで、カタログ内の機密データを識別して保護する準備ができます。