TalendDataGeneratorルーチン - 7.0

データ統合およびデータサービスシステムルーチン

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

TalendDataGeneratorルーチンは、一連のテストデータを生成できる機能です。それらは、Talendが提供する、名、姓、住所、都市、州の架空のリストに基づきます。これらのルーチンは、一般に、tRowGeneratorを使用したジョブの開発時に、たとえば、本番データまたは会社のデータの使用を避けるために使用されます。

ルーチンにアクセスするには、systemフォルダーの下のTalend[Talend DataGenerator]をダブルクリックします。

ルーチン

説明

構文

getFirstName

架空のリストからランダムに取得した名を返します。

TalendDataGenerator.getFirstName()

getLastName

架空のリストからランダムに取得した姓を返します。

TalendDataGenerator.getLastName()

getUsStreet

共通の米国のストリート名のリストからランダムに取得した住所を返します。

TalendDataGenerator.getUsStreet()

getUsCity

米国の都市のリストからランダムに取得した都市の名前を返します。

TalendDataGenerator.getUsCity()

getUsState

米国の州のリストからランダムに取得した州の名前を返します。

TalendDataGenerator.getUsState()

getUsStateId

米国の州に属性付けされたIDのリストからランダムに取得したIDを返します。

TalendDataGenerator.getUsStateId()

注: Talendが架空のデータのリストを提供するため、入力パラメーターは必要ありません。

TalendGeneratorRoutinesを変更することで、架空のデータをカスタマイズできます。ルーチンのカスタマイズ方法の詳細は、システムルーチンのカスタマイズを参照して下さい。