サービスとしてのコンポーネントカタログのインストール - 7.2

Windows版Talend ESBインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. nssmサービスラッパーアーカイブファイルをこのWebサイトからダウンロードし、任意のディレクトリに展開します。これによりWindowsのサービスラッパーが保持されます。
  2. コンポーネントカタログインストールディレクトリーのルートに、オペレーティングシステムに対応するnssm.exeファイルを配置します。
  3. CMDウィンドウを管理者モードで開きます。
  4. コンポーネントカタログのインストールディレクトリまで移動し、次のコマンドを実行します。
    nssm.exe install talend-tcomp-${product_version} start.bat
  5. 次のコマンドを使用してstart.batファイルの場所を定義します:
    nssm.exe set talend-tcomp-${product_version} AppDirectory <path_to_start.bat>
  6. 次のコマンドを使用して、service.mscに表示されるコンポーネントカタログの表示名を定義します:
    nssm.exe set talend-tcomp-${product_version} DisplayName Talend Components Catalog Service ${product_version}
  7. 次のコマンドを使用して、コンポーネントカタログの説明を定義します。
    nssm.exe set talend-tcomp-${product_version} Description Talend Components Catalog Service ${product_version}