Talend Identity and Access Management用の接続の保護 - 7.2

Windows版Talend ESBインストールガイド

EnrichVersion
7.2
EnrichProdName
Talend ESB
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

手順

  1. <installation_path>\iam\apache-tomcat\conf\server.xmlファイルを開きます。
  2. 非SSL部分をコメントします。
    <!-- <Connector port="9080" protocol="HTTP/1.1"
           connectionTimeout="20000"
           redirectPort="9443" /> -->
  3. 次の行をコメント解除します。
    <!-- <Connector port="9443"
    protocol="org.apache.coyote.http11.Http11NioProtocol"
    maxThreads="150"
    SSLEnabled="true"
    Scheme="https" secure="true"
    clientAuth="false"
    sslProtocol="TLS"/> -->
    
    keystoreFile="<installation_path>/certs-single/server.keystore.jks"
    keystorePass="tomcat"/>
  4. 次の行を追加します。
    keystoreFile="<certificate_path>/server.keystore.jks" 
    keystorePass="<certificate_password>"
    
  5. <installation_path>\iam\apache-tomcat\conf\iam.propertiesファイルを開き、以下のURLをhttpからhttpsに変更します:
    iam.url=https://${iam.host}:<port>
    tac.url=https://<host_name>:<port>/org.talend.administrator
  6. <installation_path>\iam\apache-tomcat\conf\iam.propertiesファイルで、以下のパラメーターの値をTalend Administration Center内の[Security Administrator] (セキュリティ管理者)ロールを持つユーザーのユーザー名とパスワードに設定します。
    tac.user-name=<security_administrator_username>
    tac.password=<security_administrator_password>
    注: Talend Administration Centerのパスワードを変更する場合は、ここで必ずiam.propertiesファイルの古いパスワードを新しいパスワードに置き換えてください。
  7. 次回の起動時にTalend Identity and Access Managementが作成されるよう、oidcidpのフォルダーを削除します。
  8. <installation_path>\iam\apache-tomcat\conf\fediz_config.xmlファイルを開き、以下のURLをhttpからhttpsに変更します:
    <issuer>https://<iam_url:port>/idp/federation</issuer>