Talend Big Dataの論理機能アーキテクチャ - 7.1

Talend Big Data入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Big Data論理機能アーキテクチャは、Talend Big Data機能、相互作用、および対応するITニーズを特定するアーキテクチャモデルです。アーキテクチャ全体は、特定の機能を機能ブロックに分離することで説明されています。

下の図は、主なアーキテクチャ機能ブロックを示しています。

機能ブロックのタイプは、以下のとおりです。

  • Talend Studioから、Hadoopクラスターを活用するビッグデータジョブをデザインして起動し、大量のデータセットを処理します。これらのジョブは、起動すると、このHadoopクラスターに送られ、そこでデプロイされ、実行されます。

  • Talendシステムから独立したHadoopクラスターでは、大量のデータセットを処理します。

  • ジョブをデプロイして実行するためにHadoopクラスターの中または外にインストールされたTalend JobServerまたはRuntime。

    Hortonworksクラスターの場合は、ファイアウォールやアクセスの問題を避けるために、JobServerまたはRuntimeをエッジノードのマシンにインストールすることをお勧めします。

    Amazon EMRクラスターの場合も、JobServerまたはRuntimeをクラスターにインストールすることをお勧めします。