解決済みタスクの再開 - Cloud

Talend Cloud Data Stewardship入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
task
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
解決済みのワークフローの最後の状態に移行したタスクを再開するため、マスターレコードの値に対して行われた更新内容を修正することが時折必要になります。

このタスクについて

マスターレコードは承認され、解決済みとしてマークされています。Account managerロールが付与されたデータスチュワードは、ここで解決済みタスクのリストにアクセスし、タスクを再度開いて、値に対して行われた更新内容を修正する必要があるかどうかを判断できます。

手順

  1. データスチュワードとしてログインします。
  2. [TASKS] (タスク)ページで、キャンペーン名[Reconciling client data] (クライアントデータの照合)をクリックします。
    解決されたタスクは常に未割り当てとなります。このサンプルではACCOUNT MANAGERロールを持つデータスチュワードがアクセスできます。
  3. メニューバーで、[State] (状態) > [Resolved] (解決済み)および[Assignment] (割り当て) > [Unassigned] (未割り当て)の組み合わせを使用して、解決済みタスクのリストを開きます。
  4. タスクを選択するか、[Shift]+[Ctrl]キーを押しながら必要な複数のタスクを選択します。
  5. 右パネルで[TASK] (タスク)をクリックし、
    1. Reopen tasks (タスクの再開)を展開します。
    2. [Selection] (選択)リストから[Selected tasks] (選択済みタスク)を選択します。
    3. [Target state] (ターゲット状態)リストから[To validate] (検証予定)を選択します。
    4. または、[Comment] (コメント)フィールドにタスクの再開を決めたことの説明を入力します。
    5. [SUBMIT] (送信)をクリックします。

タスクの結果

選択したタスクが再開され、ワークフローの検証状態に戻されます。