出力ファイルの定義 - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

ファイルは手動で作成するか、既存のファイルから作成するか選択できます。[Create manually] (手動で作成)オプションを選択すると、スキーマカラム、ソースカラム、ターゲットカラムは自分で設定する必要があります。このファイルは、tHL7Outputコンポーネントを使ってジョブで作成されます。

このプロシージャでは、既存のファイルから出力ファイルを作成します。

手順

  1. [Output Setting] (出力設定)エリアで[Create from a file] (ファイルから作成)を選択します。
  2. [File Path] (ファイルパス)フィールドで、アップロードするHL7ファイルへのパスを参照するか入力します。
    HL7ファイル構造のプレビューが[Message View] (メッセージビュー)エリアに表示されます。このファイルの構造が出力ファイルに適用されます。
  3. [Output File Path] (出力ファイルパス)フィールドで、出力ファイルへのパスを参照するか入力します。ファイルが存在しない場合は、ジョブの実行中にtHL7Outputコンポーネントを使って作成されます。ファイルがすでに存在する場合は、上書きされます。
  4. [Next] (次へ)をクリックし、スキーマを定義します。