Web Service Explorer (Webサービスエクスプローラー)を使用したWebサービスの確認 - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

URIおよびメソッドの指定のWebサービスウィザード手順で説明しているように[Web Service Explorer] (Webサービスエクスプローラー)は、定義済みWSDLで利用できるWebサービスメソッドを確認するのに役立ちます。

[Web Service Explorer] (Webサービスエクスプローラー)ボタンは[Refresh Preview] (プレビューの更新)ボタンの横にあります。

手順

  1. [Web Service Explorer] (Webサービスエクスプローラー)をクリックし、ヘルプブラウザーを起動します。
  2. 右上のWeb Service Explorer (Webサービスエクスプローラー)のツールバーから、[WSDL Page] (WSDLページ)アイコンをクリックします。
  3. [WSDL Main] (WSDLメイン)をクリックします。
  4. 操作の詳細を取得するWebサービスWSDLのURLを[WSDL URL]フィールドに入力し、[Go]をクリックします。このフィールドでは大文字と小文字が区別されます。
    この例では、http://www.webservicex.net/country.asmx?WSDLとなります。
  5. [Bindings] (バインディング)で、使用するポート名をクリックします。この例ではcountrySoapを使用します。
  6. [Operations] (操作)の下にあるメソッドの名前をクリックし、必要なパラメーター(この例ではGetCountryByCountryCode)を表示します。
  7. パラメーターの詳細を表示するには、パラメーター名(この例ではCountryCode) をクリックします。
  8. [Add] (追加)をクリックし、新しいパラメーター行を追加します。ここでは、いくつでも行を追加できます。
  9. 値(この例ではfr)を入力し、[Go]をクリックして実行します。

タスクの結果

結果が[Status] (ステータス)エリアに表示されます。入力したパラメーターの数が許可されているパラメーター数を超えた場合は、ポップアップダイアログにエラーメッセージが表示されます。

該当する情報をコピーして貼り付けると、標準WSDLウィザードのフィールドへの入力が簡単になります。

注:

Web Service (Webサービス)ウィザードのフィールドには、WSDL URIが自動的に入力されるわけではありません。

Webサービスの要求や応答をデバッグする必要がある場合は、[Status] (ステータス)エリアの[Source] (ソース)リンクを使用できます。

Webサービスエクスプローラーでは、ツールバーの [UDDI page] (UDDIページ)ボタンと [WSIL page] (WSILページ)ボタンを使用して、お気に入りのレジストリーを見つけることもできます。