接続のセットアップ - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

MDM接続を確立するには、次の手順を完了します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)を展開し、Talend MDMを右クリックします。
  2. コンテキストメニューから[Create MDM Connection] (MDM接続の作成)を選択します。
    接続ウィザードが表示されます。
  3. [Name] (名前)[Purpose] (目的)[Description] (説明)などの接続プロパティを入力します。[Status] (ステータス)フィールドはカスタマイズ可能なフィールドです。詳細は、ステータス設定を参照して下さい。
  4. [Next] (次へ)をクリックして、次の手順に進みます。
  5. [Version] (バージョン)リストで、接続先とするMDMサーバーのバージョンを選択します。
    注:

    [Server URL] (サーバーURL)フィールドのデフォルト値は、[Version] (バージョン)リストで何を選択したかによって異なります。

  6. MDMサーバーへの認証情報をはじめとする接続の詳細を入力し、[Check] (チェック)をクリックして、作成した接続をチェックします。
    正しく接続できたことを示すダイアログボックスが表示されます。[OK]をクリックして閉じます。
    必要に応じて、[Export as context] (コンテキストとしてエクスポート)をクリックし、このTalend MDM接続の詳細をリポジトリ内の新しいコンテキストグループにエクスポートするか、または既存のコンテキストグループの変数を再利用して、メタデータ接続を設定することができます。詳細は、コンテキストとしてのメタデータのエクスポートとコンテキストパラメーターを再利用した接続の設定を参照して下さい。
  7. [Next] (次へ)をクリックして、次の手順に進みます。
  8. [Data-Model] (データモデル)リストで、マスターデータの検証基準となるデータモデルを選択します。
  9. [Data-Container] (データコンテナ)リストで、アクセスするマスターデータが格納されているデータコンテナを選択します。
  10. [Finish] (終了)をクリックし、変更を確定してダイアログボックスを閉じます。
    新規作成された接続が、[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)にあるTalend MDMの下にリストされます。

タスクの結果

ここで、このMDM接続にリンクしているビジネスエンティティのXMLスキーマを取得する必要があります。