出力ファイルのHL7スキーマを定義する - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

この手順では繰り返しのエレメントを定義し、必要に応じてカラムを編集します。

[Linker Source] (リンカーソース)エリアのソースカラムは、[Linker Target] (リンカーターゲット)エリアのターゲットカラムに自動的にマッピングされます。

手順

  1. [Linker Target] (リンカーターゲット)エリアで、該当するエレメントを右クリックし、必要に応じてコンテキストメニューから[Set As Repeatable Element] (繰り返し可能なエレメントとして設定)を選択します。
  2. 必要に応じて[Schema Management] (スキーマ管理)をクリックし、表示される[Schema] (スキーマ)ダイアログボックスでスキーマを編集します。
  3. [Next] (次へ)をクリックし、スキーマを確定します。