ジェネリックスキーマのセットアップ - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Studioでは、各種メタデータウィザードのいずれにも該当しない場合、またはスキーマの作成元となるファイルがない場合に、ジョブで使用することのできるジェネリックスキーマを作成することができます。

次のようにジェネリックスキーマを作成できます。

コンポーネントにジェネリックスキーマを使用するには、次のいずれかの方法で行います。

  • コンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューで[Schema] (スキーマ)ドロップダウンリストから[Repository] (リポジトリ)を選択します。

    [...]ボタンをクリックして[Repository Content] (リポジトリの内容)ダイアログボックスを開き、[Generic schemas] (ジェネリックスキーマ)ノードの下のジェネリックスキーマを選択し、[OK]をクリックします。

  • [Repository] (リポジトリ)ツリービューからジェネリックスキーマの[metadata] (メタデータ)ノードを選択し、コンポーネントにドロップします。