MDMメタデータの一元管理 - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

Talend Studioでは、MDM接続の詳細を[Repository] (リポジトリ)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)フォルダーで一元管理できます。こうすることで、確立済みの接続を使ってMDMサーバーに接続できます。

Talend MDMの操作の詳細は、このガイドの「MDM」のパートを参照して下さい(Talendによるマスタデータ管理から始まります)。

注:

tMDMInputコンポーネントとtMDMOutputコンポーネントの[Basic settings] (基本設定)ビューでアイコンをクリックする方法でも、同じようにMDM接続を設定できます。詳細は、 tMDMInputおよびtMDMOutput を参照して下さい。

選択するオプションに基づいて、入力XML、出力XML、受信XMLスキーマをウィザードで作成できます。後でTalendジョブにおいて、tMDMInputコンポーネントは定義された入力スキーマを使い、XMLドキュメントに格納されているマスターデータを読み取ります。tMDMOutputは定義された出力スキーマを使い、XMLドキュメントのマスターデータに書き込むか既存のXMLドキュメントを更新します。tMDMReceiveコンポーネントは定義されたXMLスキーマを使い、MDMトリガーやプロセスからMDMレコードをXML形式で取得します。