スキーマのマッピング - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

スキーママッピングウィンドウが開きます。

手順

  1. [Schema View] (スキーマビュー)エリアの[Segment (As Schema)] (セグメント[スキーマ])ドロップダウンリストで、セグメントのタイプを選択します。
  2. [Message View] (メッセージビュー)エリアで、スキーマに含める各メッセージセグメントのエレメントまたは属性を選択します。
    注:

    HL7構造はXMLと互換性があります。[Message View] (メッセージビュー)で選択したエレメントおよび属性は、選択したセグメントのタイプに対応している必要があります。

  3. 選択したカラムを[Schema View] (スキーマビュー)テーブルにドロップします。
  4. 名前を変更する場合は、対応する[User Column] (ユーザーカラム)フィールドをクリックして新しい名前を手動で入力します。
  5. [Next] (次へ)をクリックし、スキーマを確定します。