SAP接続を設定する。 - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

このセクションでは、一元管理されたSAP接続をSAPメタデータウィザードを使用して設定する方法について説明します。

手順

  1. [Repository] (リポジトリ)ツリービューで、[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[SAP Connections] (SAP接続定義)ノードを右クリックして、コンテキストメニューから[Create SAP connection] (SAP接続の作成)を選択します。[SAP Connection] (SAP接続定義)ウィザードが開きます。
  2. [Name] (名前)、[Purpose] (目的)(オプション)、[Description] (説明)(オプション)などの一般的なプロパティを入力します。[Description] (説明)フィールドに入力した情報は、接続にマウスのポインターを移動すると、ツールヒントとして表示されます。
  3. 必要に応じて、接続の[Version] (バージョン)フィールドおよび[Status] (ステータス)フィールドを設定します。リポジトリアイテムのバージョンとステータスは、[Project Settings] (プロジェクト設定)ダイアログボックスでも管理することができます。詳細は、バージョン管理およびステータス管理を参照して下さい。
  4. [Next] (次へ)をクリックしてSAPシステム接続の詳細を入力します。
  5. 以下のフィールドにSAPシステムの接続情報を入力します。

    プロパティ

    説明

    [Client] (クライアント)

    SAPシステムのクライアントID。

    [Host] (ホスト)

    SAPサーバーが実行されているホストの名前またはIPアドレス。

    [User] (ユーザー)および[Password] (パスワード)

    ユーザーの接続IDとパスワード。

    [System Number] (システム番号)

    SAPのシステム番号。

    [Language] (言語)

    SAPシステムの言語。

    [Additional Properties] (追加のプロパティ)

    使用するSAPシステムにカスタム設定を使用する必要がある場合は、カスタマイズするプロパティをこのテーブルに入力します。

    たとえば、後でこの接続を使用して1行あたり512バイトを超えるデータをテーブルから取得する必要がある場合は、[Additional Properties] (追加プロパティ)テーブルの下にある[+]ボタンをクリックしてプロパティapi.use_z_talend_read_tableを追加し、その値を[true] (真)に設定します。詳細は、[Help] (ヘルプ)をクリックしてダイアログボックスを開き、その説明を参照して下さい。

  6. [Check] (確認)をクリックしてSAP接続の詳細を保存します。
  7. 後でこの一元管理された接続を使用して詳細データストアオブジェクトのメタデータを取得する必要がある場合は、[Next] (次へ)をクリックしてSAP HANAデータベース接続パラメーターを指定します。
  8. 以下のフィールドにSAP HANAデータベースの接続情報を入力します。

    プロパティ

    説明

    [Db Host] (DBホスト)

    データベースのIPアドレスまたはホスト名。

    [Db Port] (DBポート)

    データベースのリスニングポート番号。

    [Db Schema] (DBスキーマ)

    テーブルスキーマの名前。

    [Db Username] (DBユーザー名)と[Db Password] (DBパスワード)

    データベースのユーザー認証データ。

  9. [Check] (確認)をクリックしてSAP HANAデータベース接続の詳細を保存します。
  10. [Finish] (終了)をクリックして設定を保存します。新しく作成されたSAP接続メタデータが、[Repository] (ポジトリ)ツリービューの[Metadata] > [SAP Connections](メタデータ>SAP接続定義)ノードの下に保存されます。これで、SAP接続ノードをSAPコンポーネントとして、接続の詳細が自動的に入力された状態でジョブデザインワークスペースにドラッグ&ドロップできるようになりました。
    さらにSAP接続を編集する必要がある場合は、接続ノードを右クリックしてコンテキストメニューから[Edit SAP Connection] (SAP接続の編集)を選択し、このウィザードをもう一度開いて変更を行います。