HL7メタデータの一元管理(非推奨) - 7.0

データ統合のメタデータを一元管理

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このウィザードでは、選択するHL7メタデータのオプションに基づいて入力スキーマや出力スキーマを作成できます。ジョブのtHL7Inputコンポーネントでは、HL7ファイルを読み取るために作成された入力スキーマが使用されます。tHL7Outputコンポーネントでは、HL7ファイルに書き込む、または既存のHL7ファイルを更新するために作成された出力スキーマが使用されます。

注:

作成するスキーマに一般的なプロパティを入力する手順は、スキーマのタイプを入力または出力に設定する手順の前に実行します。そのため、入力スキーマまたは出力スキーマで区別しやすい名前を入力することをお勧めします。

HL7構造のメッセージを読み取る場合は、入力ファイルのHL7メタデータの一元管理を参照して下さい。

HL7構造のメッセージを書き込む場合は、出力ファイルのHL7スキーマの設定を参照して下さい。