Gitのインストールと設定 - 7.3

Windows版Talend Big Dataインストールガイド

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Big Data
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend Runtime
Talend Studio

この手順では、Talend Studioの共有リポジトリーのすべてのプロジェクトデータ(ジョブ、DB接続、ルーチン、ジョブレットなど)を保管するためのGitをインストールして設定する方法を説明しています。

サポートされているGitサーバーの詳細は、互換性があるバージョン管理システムを参照してください。

注: インストールしたGitサーバーでGitが既に提供されておりローカルマシンにはGitが必要ない場合は、この手順は必要ないかもしれません。

手順

  1. システムに対応するGitバージョンをhttps://git-scm.com/downloadsでダウンロードし、インストール手順に従います。
  2. Git Bashプログラムを開きます。
  3. 以下のコマンドを使用して、SSHキーを作成します:
    ssh-keygen.exe
  4. 生成されたキーファイルをC:\Users\User_Name\.sshフォルダーに置きます。
  5. 生成されたパブリックキーをGitサーバーの設定に追加します。
  6. 次のコマンドを使用して、既知のホストファイルを作成します。
    ssh-keyscan.exe -H git_server_hostname >> known_hosts
  7. configファイルを.sshフォルダーに作成します。
  8. 次のコンテンツを追加して、それを設定に合うよう変更します。
    Hostname
    git_server_hostname IdentityFIle  C:/users/username/.ssh/id_rsa
  9. 接続情報をTalend Administration Center設定に追加します。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照してください。
    注:

    Talend Administration Centerをサービスとして実行する場合は、known_hostsファイルが正しいフォルダーに保存されていることを確認してください。正しいフォルダーに保存されていない場合は、このknown_hostsファイルをuser.home\.sshフォルダーにコピーしてください。まだ存在しない場合は.sshフォルダーを作成してください。

    Talend Administration CenterをWindowsサービスとして実行する場合、user.homeC:\Windows\System32\config\systemprofileと同様です。