Talend Studioでシンプルなプロジェクトをビルドする - 7.3

マスターデータ管理の例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
task
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除
あらゆるMDMプロジェクトの初めには、データモデルのセットアップおよびそのデータモデル内にビジネスエンティティを作成する作業が含まれます。

手順

  1. Talend Studioで、データモデルCustomerおよびその対応するデータコンテナCustomerを作成します。

    データモデルの作成方法は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照して下さい。

  2. Customerデータモデルに新しいエンティティCustomerを追加します。
  3. Customerエンティティにエレメントを追加します。
    このサンプルでは、lnamefnamecitygenderなど、顧客の詳細情報が追加されます。
  4. CustomerエンティティにビューCustomerを作成します。これは、Talend MDM Web UIからのデータとのやり取りに使用します。
    次に、一致ルールを作成および定義してデータモデルに追加し、一致ルールが正常に機能するか、Talend MDM Web UIで検証します。