一致結果と一致詳細の確認 - 7.3

マスターデータ管理の例

EnrichVersion
7.3
EnrichProdName
Talend Data Fabric
Talend MDM Platform
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Studio
task
データガバナンス > データ検証
データクオリティとプレパレーション > データのマッチング
データクオリティとプレパレーション > 重複データの削除

手順

  1. [Staging Area Browser] (ステージングエリアブラウザ)ページに戻り、[Search] (検索)をクリックしてCustomerエンティティのステージングデータレコードを更新すると、マッチングとサバイバーシップのプロセスの結果を確認することができます。
  2. 新しく生成されたゴールデンレコードの1つをクリックし、その詳細を表示します。
    ゴールデンレコードのステータスが205の場合、Talend Data Stewardshipタスクは作成されず、その場合、このオプションはゴールデンレコードまたはそのソースステージングレコードに使用できません。
  3. [More...] (詳細...) > [Match Plan] (一致プラン)の順にクリックして、[Match Plan] (一致プラン)ダイアログボックスを開きます。
    2つの類似するステージングデータレコードが、一致ルールに従ってどのようにマッチングされ、マージされているかをチェックすることができます。
  4. [More...] (詳細...) > [Open Task] (タスクを開く)の順にクリックして、関連付けられたTalend Data Stewardshipタスクのページに進みます。
    1つ以上のタスクが解決したら、ステージング検証を再び実行し、レコードステータスの変更とレコード値の更新(もしあれば)を反映する必要があります。

    統合マッチングプロセス中に生成されたマージングタスクの処理方法の詳細は、Talend Data Stewardshipの例を参照してください。

  5. メニューパネルで[Govern] (統制) > [Data Stewardship]の順にクリックして、Talend Data Stewardshipにリスト表示されている未割り当てタスクの全てを確認します。
  6. [Menu] (メニュー)パネルで[Browse] (参照) > [Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)の順にクリックして、[Master Data Browser] (マスターデータブラウザ)ページを開きます。
  7. リストからエンティティCustomerを選択し、[Search] (検索)をクリックします。
    Customerエンティティに添付された一致ルールに従って類似するデータレコードをマージした結果である、新しいマスターCustomerデータレコードが確認できます。
    マスターデータレコードがゴールデンレコードに由来する場合、マスターデータレコードに対して行われた更新は、ゴールデンレコードの現在のステータスが205のままである場合にのみ、ステージングエリア内のゴールデンレコードに対して自動的に同期されます。ただし、関連付けられたタスクは変わりません。