AWS APIゲートウェイと互換性のあるセキュリティスキームの定義 - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs

Talend Cloud API Designerから定義をエクスポートし、それをAWS API Gatewayにインポートすると、適切に定義されているセキュリティをプロパゲートできます。

手順

  1. APIを開き、一般情報ページに移動します。
  2. [SECURITY SCHEMES] (セキュリティスキーム)セクションに移動し、[Add] (追加)をクリックします。
  3. [Type] (タイプ)ドロップダウンリストで、[Custom / API key] (カスタム/APIキー)を選択します。
  4. 名前を入力します。
  5. [HEADERS] (ヘッダー)の右側の[Add] (追加)をクリックして、新しいヘッダーを作成します。
  6. [Name] (名前)フィールドにx-api-keyを入力します。
  7. [Save] (保存)をクリックします。

タスクの結果

これでAWS APIゲートウェイと互換性のあるセキュリティスキームを定義できました。これは、グローバルに、またはリソースまたは操作レベルで使用できます。