APIモックのコール - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs

Talend Cloud API Testerを使用して、APIモックをコールします。

APIモックのオペレーションを開始する最も簡単な方法は、Talend Cloud API Testerからリクエストを作成し始めることです。HTTPクライアントとテストツールは、Google Chrome拡張機能として利用できます。

始める前に

  • APIモックを有効化済みであること。
  • Talend Cloud API TesterGoogle Chrome拡張機能をインストール済みであること。

手順

  1. APIを開き、[Settings] (基本設定) > [MOCK] (モック)に移動します。
  2. [Try the mock in API Tester] (API Testerでモックを試す)をクリックします。

    また、エディターの任意のオペレーションのページで[Try in API Tester] (API Testerで試す)をクリックするか、公開されているドキュメントのオペレーション名の横にあるオペレーションを実行してみることもできます。

    ヒント: モックエンドポイントをAPIコントラクトのエンドポイントリストの最初に保持すると、[Try in API Tester] (API Testerで試す)フィーチャーのすべての使用でTalend Cloud API Testerが開き、モックを対象とするリクエストが作成されます。

タスクの結果

Talend Cloud API TesterでAPI全体が新しいプロジェクトとして開きます。