APIモックの有効化 - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
どのTalend Cloud API DesignerAPIバージョンにも、統合されたAPIモックが付属しています。 APIのモックエンドポイントは各バージョンごとに一意です。モックを有効にして既存のバージョンから新しいバージョンを作成すると、そのた新しいバージョンではモックが無効になります。これを有効にすれば新しいエンドポイントを取得できます。

手順

  1. [Settings] (基本設定)ページに移動します。
  2. [MOCK] (モック)セクションまでスクロールし、[Enabled] (有効)になっているボタンを[On]に切り替えます。
  3. [Save] (保存)をクリックします。

タスクの結果

APIモックをアクティブにすると、モックのエンドポイントがAPIに追加され、左側のパネルの上部に表示されます。

このエンドポイントは、Talend Cloud API Designerから公開するAPIドキュメントにも表示されます。

注: エンドポイントのリストの最初のエンドポイントは、OASのエクスポートやAPIの試行Talend Cloud API Testerなどのフィーチャーを使用する時に選択されます。エンドポイントは、一般情報パネルでいつでも並べ替えることができます。