APIバージョンのGitHubへのプッシュ - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
APIをGitHubリポジトリーにリンクし、OAS/SwaggerまたはRAMLでAPI定義をプッシュします。

始める前に

  • GitHubアカウントとリポジトリーがあること。
  • お使いのブラウザーはGitHubでサポートされています(Internet Explorer 11はGitHubでサポートされなくなったため、このフィーチャーは IE11ではTalend Cloud API Designerでサポートされていません)。

手順

  1. GitHubにプッシュするAPIバージョンを開き、[Settings] (基本設定)をクリックします。
  2. GitHubアカウントがTalend Cloud API Designer アカウントにリンクされていない場合は、[Link your GitHub account] (GitHubアカウントのリンク)をクリックしてください。
  3. 開いたウィンドウで、GitHubにサインインし、[Authorize Talend] (Talendを承認)をクリックして、Talend Cloud API DesignerGitHubアカウントにアクセスできるようにします。
    警告: Internet Explorer 11を使用している場合は、Microsoft Edge、Google Chrome、またはFirefoxの最新バージョンにアップグレードするように求められます。

    GitHubアカウントがTalend Cloud API Designerアカウントにリンクされ、API定義のプッシュを開始できるようになりました。

  4. APIの設定でドロップダウンリストを使用して、[Owner] (所有者)[Repository] (リポジトリー)[Branch] (ブランチ)および[Format] (フォーマット)を選択し、[Path] (パス)入力して[Save] (保存)をクリックします。
    [Format] (フォーマット)ドロップダウンリストでは、Talend拡張機能またはAPIゲートウェイ互換モードで定義をエクスポートできます。
    注: APIに複数のバージョンがある場合は、各バージョンでGitHubの設定を変更できます。
  5. 設定が保存されたら、[Push] (プッシュ)をクリックします。
    プロジェクトにGitHubにプッシュされていない変更が含まれている場合は、[Push] (プッシュ)の右側に緑色のドットが表示されます。
  6. コミットメッセージを(必要であればタグも)入力し、[Push] (プッシュ)をクリックします。
    タグは一意であり、次のルールに従うことが必要です。
    • タグに含めることができるのは、英数字と特殊文字である_-./のみです。
    • タグの冒頭と末尾に特殊文字を使うことはできません。
    • ..///.という文字パターンを含めることはできません。

タスクの結果

選択されたバージョンのAPI定義がリポジトリーにプッシュされます。生成されたファイル名にはAPIの名前とバージョンが含められます。

[View on GitHub] (GitHubで表示)をクリックすると、選択されたGitHubリポジトリーが開きます。