APIゲートウェイの使用 - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
API定義をエクスポートして、そのAPIゲートウェイで使用します。

APIをデザインした後、認証、監視、ログ記録などの問題を処理するためにAPIゲートウェイに公開する必要があります。そのためには、API定義をエクスポートし、任意のAPIゲートウェイにインポートします。

AWS API GatewayとAzureAPI Managementの場合、Talend Cloud API DesignerではAPIゲートウェイ互換モードが提供され、互換性の問題を回避できます。

互換モードのいずれかでAPIをエクスポートする場合、Talend Cloud API Designerでは、ゲートウェイでサポートされていない可能性があるAPIエレメントが通知されます。メッセージには以下の3つのレベルがあります:

  • 情報: 互換性の問題がありますが、定義は変更されずにエクスポートされ、ゲートウェイにインポートできます。
  • 警告: 互換性の問題があるため、ゲートウェイに正しくインポートするために定義は変更されます。
  • エラー: 定義をゲートウェイにインポートできないという互換性の問題があります。
メッセージはウィンドウの右下に表示されます。

AWS API Gatewayの制限事項の詳細は、[AWS API Gateway Known Issues] (AWS API Gatewayの既知の問題)を参照してください。

Azure API Managementの制限事項の詳細は、[API import restrictions and known issues] (APIのインポートの制限と既知の問題)を参照してください。