APIモック - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
Talend Cloud API DesignerのAPIモックの主なユースケースはプロトタイピング、および並列フロントエンドとバックエンドの実装という2種類があります。

APIプロトタイピング

APIモックの最初のユースケースは、APIプロトタイピングです。この考え方は、APIデザインの反復が完了したら、APIプロジェクトのさまざまな関係者からのフィードバックを取得する必要があるということです: チームメンバー、APIを利用する開発者、製品所有者などです。

関係者が実際にAPIデザインでやり取りできる場合、APIのレビューの経験がより没入的で現実的であるため、より良いフィードバックを得られる可能性が高くなります。

並列フロントエンドとバックエンドの実装

多くのプロジェクトでは、APIデザインフェーズが完了した際には、APIを実装するために記述する必要があるバックエンドコードと、APIを使用するフロントエンドコードの両方が存在しています。

APIコントラクトが締結されると、フロントエンド開発者は理由もなくバックエンド開発者の作業が完了するまで待つ必要はありません。逐次的な方法で進めるなら、市場投入までの時間が長くなり、開発時にバックエンドとフロントエンドのチーム間のフィードバックサイクルが遅くなります。

最新型のAPIコントラクトデザインで最新型のAPIモックを使用すれば、フロントエンドとバックエンドチームが並行して作業できます。

コンテンツネゴシエーション

モックによって提供される唯一のダイナミズムは、コンテンツのネゴシエーションです。APIで複数のボディが定義されていて、Acceptヘッダーに互換性のあるメディアタイプのリクエストを行った場合、モックはこのボディを使用してレスポンスを作成します。