データ型の作成 - Cloud

Talend Cloud API Designerユーザーガイド

EnrichVersion
Cloud
EnrichProdName
Talend Cloud
EnrichPlatform
Talend API Designer
task
ジョブデザインと開発 > Designing APIs
データ型とはネットワーク上で交換されるデータを記述したものです。APIバージョン全体で再利用できます。

手順

  1. 左側のパネルの右上の[+]ボタンをクリックします。
    ヒント: 前に作成したセクションでデータ型を直接作成するには、セクション名の右側の[+]ボタンをクリックします。
  2. [Data type] (データ型)をクリックします。
  3. データ型の[Name] (名前)を入力し、[Contact] (連絡先) など、必要に応じて[Description] (説明)を入力します。
  4. オプション: データ型を含める[Section] (セクション)を選択します。
  5. データ型の既存のJSONのサンプルがある場合は、[Generate from JSON example] (JSONのサンプルから生成)をクリックしてプロパティを生成するために使用できます。
  6. サンプルを入力し、[Generate] (生成)をクリックします。

    例え

    このサンプルのすべてのプロパティは、データ型で作成されます。
  7. プロパティを手動で追加するには、[Type] (タイプ)を選択します。
    タイプはデフォルトでオブジェクトになっています。クリックすると、使用できるタイプがすべて表示されます。
  8. [Add property] (プロパティの追加)をクリックして新しいプロパティを作成し、[Name] (名前)[Type] (タイプ)を定義します。
  9. オプション: プロパティが必要な場合は、[Required] (必須)ボタンを[Yes] (はい)に切り替えます。
  10. 必要に応じて[Description] (説明)を追加し、[more attributes] (その他の属性)をクリックしてデータ型に詳細情報を追加します。

    例え

  11. 必要な数だけプロパティを追加し、[Save] (保存)をクリックします。