Talend Activity Monitoring Consoleログデータベース - 7.0

Talend Data Fabric インストールガイド Windows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

Talend Activity Monitoring Consoleを使用する場合、<AMC>ログデータベースを作成する必要があります。これは任意のサーバー上にインストールできます。この<AMC>データベースは最初は空です。この名前は変更できますが、変更した場合は本書の以降の説明でもそのことを考慮に入れる必要があります。

<AMC>データベースには、ユーザーがジョブを監視するためのデータが収集されるテーブルが3つあります。その3つのテーブルは、次のコンポーネントからデータを収集します:

  • tFlowMeterCatcher

  • tLogCatcher

  • tStatCatcher

これらのテーブルの作成方法とその構造は、『Talend Activity Monitoring Consoleユーザーガイド』に説明があります。

対応するSQLユーザーを作成して、このデータベースにアクセスできるようにマップする必要があります。このユーザーには、「作成」および「更新」権限を付与する必要があります。

注: <AMC>データベースのインストールは、 ESB オプションのみを保持するソリューションではオプションです。これは、tFlowMeterCatchertLogCatcher、および tStatCatcher コンポーネントを使用する場合にのみ必要になります。これらのコンポーネントは、RESTおよびSoap ESBサービスプロバイダーのジョブ(tESBConsumerを使用したESBコンシューマージョブなど)で使用できます。現在は、tLogCatcherコンポーネントのみがサポートされ、ルートではこれらのコンポーネントを使用できません。

Talend Activity Monitoring Consoleのインストール方法の詳細は、Talend Activity Monitoring Console Webアプリケーションのインストールを参照してください。