Talend CommandLineパラメーターの設定 - 7.0

Talend Data FabricインストールガイドWindows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
Javaアプリケーションに渡されるTalend CommandLineパラメーターを設定するには、別のファイル(設定ファイル、.jarファイル、javaライブラリーなど)へのパスを示すjsl_static64.iniファイルの最後の行を編集する必要があります。

手順

パラメーターを次のように編集します。
params = 13
param00 = -Xms64m
param01 = -Xmx1024m
param02 = -jar
param03 = <CommandLinePath>\plugins\org.eclipse.equinox.launcher_X.X.X.vXXXXXXXX.jar
param04 = -nosplash
param05 = -application
param06 = org.talend.commandline.CommandLine
param07 = -consoleLog
param08 = -data
param09 = <CommandLinePath>\commandline-workspace
param10 = startServer
param11 = -p
param12 = 8002
ここで、<CommandLinePath>Talend CommandLineアプリケーションのインストールディレクトリーを参照します。
注: 指定された最初のパラメーターはparam01ではなくparam00で、スペースが含まれる文字列を引用符で囲む必要はありません。Talend CommandLineの各パラメーター値は個別のパラメーターに表示される必要があります。