servertemplateファイルの編集 - 7.0

Talend Data Fabric インストールガイド Windows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio
  1. 編集用にdqportal/resources/hsql/servertemplateファイルを開きます。
  2. [%TOMCAT_IP%][%TOMCAT_PORT%]をそれぞれ、Apache TomcatサーバーのIPアドレスと該当するSApache Tomcatサーバーポート(ユーザーが設定したように)で置き換えます。
  3. [%TDQ_DB_DRIVER_CLASS_NAME%]を以下で置き換えます:
    • MySQLを使用する場合は、com.mysql.jdbc.Driverで、

    • Oracleを使用する場合は、oracle.jdbc.OracleDriverで、

    • MS SQLサーバーを使用する場合は、net.sourceforge.jtds.jdbc.Driverで、

    • PostgreSQLを使用する場合は、org.postgresql.Driverで。

  4. [%TDQ_DB_URL%]をデータマートデータベースへの接続URLで置き換えます。

    データベースの種類

    接続URL

    MySQL

    jdbc:mysql://$ip:$dmport/$datamart?characterEncoding=UTF8&useOldAliasMetadataBehavior=true

    Oracle

    jdbc:oracle:thin:@$ip:$dmport:$datamart

    MS SQL Server

    url="jdbc:jtds:sqlserver://$ip:$dmport/$datamart" validationQuery="select 1"

    PostgreSQL

    jdbc:postgresql://$ip:$dmport/$datamart

    接続URLの$ip$dmportおよび$datamartを、それぞれ、データマートデータベースのIPアドレス、ポート番号、および名前で置き換える必要があります。デフォルトでは、Studioで作成されるデータベースの名前はtalend_dqになります。接続URLとStudioで、同じデータベース名を使用する必要があります。studioからの遠隔データベースの設定に関する詳細は、『Talend Studioユーザーガイド』を参照してください。
  5. [%TDQ_DB_USERNAME%][%TDQ_DB_PASSWORD%]を、それぞれ、データマートデータベースのユーザー名とパスワードで置き換えます。
  6. <TomcatPath>/conf/server.xmlファイルの<GlobalNamingResources>パート内部にあるservertemplateファイルの内容をコピーし、編集内容を保存してからファイルを閉じます。