HSQLをポータルのWindowsサービスとして設定 - 7.0

Talend Data FabricインストールガイドWindows

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. サービスとしてのTalend JobServerのインストールで概説されているように、WindowsサービスをインストールするためにJSLを使用したJobServerの手順に従います。
  2. jsl_static64.iniファイルを開き、編集します。
    注: jsl_static64.iniファイルがJSLディレクトリーに存在しない可能性があります。その場合はjsl.iniをコピーしてjsl_static64.iniに名前を変更します。
  3. ファイルの以下の部分を変更して、各自の環境に合わせて下さい。
    [service]
    appname = HSQLService
    servicename = HSQLService
    displayname = HSQLService
    [java]
    params = 7
    param00 = -cp
    param01 = <PathToJar>\hsqldb1_8_0_2.jar
    param02 = org.hsqldb.Server
    param03 = -database.0
    param04 = <PathToDatabase>\tdqportal
    param05 = -dbname.0
    param06 = tdqportal