インストール後のTalend Data Preparationの設定 - 7.0

Windows版 Talend Data Fabricインストールガイド

EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
EnrichPlatform
Talend Activity Monitoring Console
Talend Administration Center
Talend Artifact Repository
Talend CommandLine
Talend Data Preparation
Talend Data Stewardship
Talend DQ Portal
Talend ESB
Talend Identity and Access Management
Talend Installer
Talend JobServer
Talend Log Server
Talend MDM Server
Talend MDM Web UI
Talend Repository Manager
Talend Runtime
Talend SAP RFC Server
Talend Studio

手順

  1. <Data_Preparation_Path>/config/application.propertiesを開き、以下のTalend Data Preparationプロパティを編集します:
    [Field] (フィールド) Action (アクション)
    tac.url そのURLをTalend Administration Centerに、その後ろに/を入力します。
    public.ip Talend Data Preparationへのアクセスに使用するURLを入力します。
    server.port Talend Data Preparationユーザーインタフェースに使用するポートを入力します。
    iam.ip Talend Identity and Access ManagementインスタンスのURLを入力します。
    tac.user-name Data Preparationユーザーのユーザー名をTalend Administration Centerに入力します。
    tac.password Data PreparationユーザーのパスワードをTalend Administration Centerに入力します。
    security.oauth2.client.clientId Talend Identity and Access Management OIDCクライアントIDを入力します。
    security.oauth2.client.clientSecret Talend Identity and Access Management OIDCクライアントパスワードを入力します。
    iam.scim.url Talend Identity and Access Managementポートが正しいことを確認します。
    apps.tds.url Talend Data StewardshipインスタンスのURLを入力します。

    プロパティファイルに入力されたすべてのパスワードは、Talend Data Preparationインスタンスを開始するときに暗号化されます。

  2. MongoDB基本設定の次のフィールドを更新します。
    [Field] (フィールド) 説明
    mongodb.host MongoDBインスタンスのホスト名
    mongodb.port MongoDBインスタンスのポート番号
    mongodb.database Talend Data Preparationが接続されるデータベースの名前。デフォルトではdataprepになります。データベースは、Talend Data Preparationを最初に起動したときに作成されます。
    mongodb.user データベースへの接続に使用するユーザー名
    mongodb.password データベースに接続するパスワード
  3. Talend Data Preparationコンポーネントカタログサービスのやり取りを有効にするには、コンポーネントカタログサーバーのホストとポートを使用して次の行を編集します:
    tcomp.server.url=http://<tcomp_host>:<tcomp_port>/tcomp
  4. Talend Data PreparationおよびTalend Data Stewardshipをインストールした後でアプリスイッチャーを有効にするには、次の行のコメントアウトを解除し、Talend Data StewardshipインスタンスにURLを追加します:
    apps.tds.url=<Talend_Data_Stewardship_URL>

    Talend Data Stewardshipの設定ファイルには、Talend Data PreparationインスタンスのURLも追加する必要があります。詳細は、インストール後のTalend Data Stewardshipの設定を参照して下さい。

  5. 監視ログはデフォルトで有効になっています。audit.propertiesファイルで正しいappender.http.urlパラメーターを指定するか、監視ログを無効にする必要があります。詳細は、Talend Data Preparationでの監視機能の有効化と設定を参照して下さい。
  6. Talend Dictionaryサービスへのアクセスを設定するには、次のフィールドを編集します。
    [Field] (フィールド) 説明
    dataquality.semantic.update.enable このパラメーターの値をtrueに設定すると、Talend Data PreparationTalend Dictionaryサービスの間で情報をやり取りできます。
    dataquality.semantic.list.enable このパラメーターの値をtrueに設定すると、Talend Data Preparationでセマンティックタイプ管理インタフェースを表示できます。
    semanticservice.url Talend DictionaryサービスインスタンスのURLを入力します。
    spring.cloud.stream.kafka.binder.brokers Kafkaブローカーに対応するホストを入力します。
    spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultBrokerPort Kafkaブローカーに対応するポートを入力します。
    spring.cloud.stream.kafka.binder.zkNodes Zookeeperノードに対応するホストを入力します。
    spring.cloud.stream.kafka.binder.defaultZkPort Zookeeperノードに対応するポートを入力します。
  7. dataquality.indexes.file.locationプロパティーの値を${java.io.tmpdir}/org.talend.dataquality.semanticから<other_location>/org.talend.dataquality.semanticに変更します。
    デフォルトでは、Talend Dictionaryサービスを使用して作成するカスタムセマンティックタイプはtmpディレクトリーに保存されます。変更内容が失われないようにするには、カスタムセマンティックタイプの保存場所を変更することをお勧めします。tmpフォルダー以外のフォルダーであればどこでも設定できます。
  8. start.batファイルを実行してTalend Data Preparationインスタンスを起動します。