ルートのビルド - 7.0

テストケースを使用したルートのテスト

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

手順

  1. [Palette] (パレット)からcFilecConvertBodyTocSetbodycLogコンポーネントをドラッグして、デザインワークスペースにドロップします。
  2. [Row] (行) > [Route] (ルート)接続を使って、コンポーネントをリンクします。
  3. cFileコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  4. [Path] (パス)フィールドにメッセージソースのパスを入力します。
    [fileName] (ファイル名)フィールドにメッセージソースの名前を入力します。
  5. cConvertBodyToコンポーネントをダブルクリックして、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  6. [Target Class Name] (ターゲットクラス名)フィールドにターゲットクラス名を入力します(このシナリオではString.class)。
  7. cSetBodyコンポーネントをダブルクリックし、[Component] (コンポーネント)タブで[Basic settings] (基本設定)ビューを開きます。
  8. [Language] (言語)リストで[XPATH]を選択します。
    [Expression] (式)フィールドに "/Customers/Customer[Address/State='MA']"と入力し、StateMAの顧客を抽出します。
  9. メッセージ交換をログするcLogはデフォルト設定のままにしておきます。
  10. Ctrl+Sを押し、ルートを保存します。