ルートテストケースの管理 - 7.0

テストケースを使用したルートのテスト

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

ルートに必要なテストケースをいくつでも作成し、通常のルートと同様に管理することができます。

[Repository] (リポジトリ)ツリービューから、以下を行うことができます。

  • ルートを展開し、そのすべてのテストケースを[Test Cases] (テストケース)ビューに表示する。

  • ルートを展開し、必要なテストケースを選択して、[Test Cases] (テストケース)ビューに表示する。

  • ルートを展開し、必要なテストケースをダブルクリックし、デザインワークスペース内に開きます。

  • ルートを展開し、必要なテストケースを右クリックして開き、実行し、読み取り専用のコピーを開き、名前を変更、または削除します。

テストケースのあるルートについては、以下のとおりです。

  • ルートをインポートするときには、そのテストケースの1つ以上をルートとともに選択的にインポートすることができます。ただし、作成の目的だったルートをエクスポートせずにテストケースのみをエクスポートすることはできません。

  • 共同作業の場合は、作成の目的だったルートとは無関係にテストケースをロックおよびロック解除することができます。

ルートのインポート、エクスポート、ビルドの詳細は、アイテムのインポート/エクスポートおよびルートおよびジョブのビルドを参照して下さい。プロジェクトアイテムの共同作業については、プロジェクトアイテムでの共同作業を参照して下さい。