データプロファイリングアイテムのエクスポート - 7.0

その他の重要な管理手順

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

分析、データベース接続、パターン、インジケーターなどのデータプロファイリングアイテムを、Studioの現在のインスタンスから別のStudioのルートディレクトリまたはアーカイブファイルにエクスポートすることができます。

注:

Profilingパースペクティブからのエクスポート操作では、例の分析で使用した分析、レポート、接続メタデータ、パターンなど、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューにリストされているデータプロファイリングアイテムのみをエクスポートします。

Integrationパースペクティブから実行されるエクスポート操作では、[Repository] (リポジトリ)ツリービューにリストされているデータクオリティコンポーネントを含むジョブをエクスポートできます。これらのジョブをエクスポートする場合、データクオリティコンポーネントで使用されるパターンや接続メタデータなどの依存性もエクスポートされます。

前提条件: StudioのProfilingパースペクティブで、少なくとも1つのデータプロファイリングアイテムが作成されていること。

データプロファイリングアイテムをエクスポートするには、次の手順に従います。

手順

  1. 次のいずれかの手順に従います。
    • [DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの任意の場所を右クリックして、[Export Items] (アイテムのエクスポート)を選択します。

    • ツールバーのアイコンをクリックして、[Export Items] (アイテムのエクスポート)を選択します。

    [Export Item] (アイテムのエクスポート)ウィザードが表示されます。
  2. ルートディレクトリまたはアーカイブファイルオプションを選択してから[Browse...] (参照...)をクリックして、データプロファイリングアイテムをエクスポートするディレクトリ/アーカイブを参照します。
  3. エクスポートするデータプロファイリングアイテムのチェックボックスをオンにします。また、[Select All] (すべて選択)または[Deselect All] (すべて選択解除)タブを使用することもできます。
    分析チェックボックスをオンにすると、メタデータ接続やこの分析で使用されるパターンやインジケーターなどのすべての分析依存性もデフォルトで選択されます。依存性を選択せずに、ダイアログボックスの上に依存性がないことを示すエラーメッセージが表示されたら、[Include dependencies] (依存性を含める)タブをクリックすると、選択されたデータプロファイリング分析に必要なすべてのアイテムのチェックボックスが自動的に選択されます。
    ただし、参照プロジェクトから分析をエクスポートする場合は、アイテムなしで分析のみがエクスポートされます。たとえば、メタデータ接続は一緒にエクスポートされず、分析をエクスポートした後で、正しく機能するように接続を手動で設定する必要があります。参照プロジェクトの詳細は、データクオリティ参照プロジェクトの操作を参照して下さい。
  4. 必要に応じて、[Browse] (参照)チェックボックスをオンにして、エクスポートリストに選択されたデータプロファイリングアイテムのみを含めることができます。
  5. [Finish] (終了)をクリックして操作を確定します。
    エクスポート操作の進行状況を示すバーが表示され、データプロファイリングアイテムは、指定された場所にエクスポートされます。