パーサールールセットの作成 - 7.0

その他の重要な管理手順

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

前提条件: StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。

パーサールールセットを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. [DQ Repository] (DQリポジトリ) ツリービューで、[Libraries] (ライブラリ)、[Rules] (ルール)の順に展開します。
  2. [Parser] (パーサー)フォルダーを右クリックして、コンテキストメニューから[New Parser Rule] (新規パーサールール)を選択します。
    新規ウィザードが表示されます。
  3. 名前を入力し、必要に応じて作成するパーサールールセットの目的と説明を入力します。
  4. 必要に応じて、このウィザードのその他のフィールドも入力します。この例では、その他の部分はデフォルトのままにします。
  5. [Finish] (終了)をクリックします。
    Studioワークスペースに[Parser Rule Settings] (パーサールール設定)エディターが開きます。
  6. [+]ボタンをクリックして、[Parser Rules] (パーサールール)テーブルに行を追加します。
  7. 該当フィールドにルールの名前とルールの値を入力し、[Type] (タイプ)フィールドで適切なルールのタイプを選択します。
    この例では、ルールの名前をStreetType、ルールタイプをShape (シェイプ)、ルールの値を <INT><WORD+><StreetType>とします。
    設定されたルールは、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Libraries] (ライブラリ) > [Rules] (ルール) > [Parser] (パーサー)ノードの下に表示されます。
  8. 必要に応じて[+]ボタンをクリックして、さらにテーブルにルールを追加します。
    tStandardizeRowのさまざまなルールタイプやユースケースの詳細は、『Talend Components Reference Guide』を参照して下さい。