同じ接続に対する複数のコンテキストの作成 - 7.0

その他の重要な管理手順

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

このタスクについて

同じデータベース接続またはファイル接続で複数のコンテキストを作成でき、データベース接続またはファイル接続で分析を実行するための特定のコンテキストパラメーターを選択できます。たとえば、分析を本番で使用する準備を整える前に、実行および検証したいさまざまなテスト段階がある場合があります。

前提条件: StudioでProfilingパースペクティブを選択していること。

同じデータベース接続またはファイル接続に対して複数のコンテキストを作成するには、次の手順に従います。

手順

  1. コンテキストとしての接続のエクスポートで説明されている手順を実行します。
  2. [Create/Reuse a context group] (コンテキストグループの作成/再利用)ウィザードの最終手順で、[Configure Contexts...] (コンテキストの設定)アイコンをクリックします。
  3. [Configure Context] (コンテキストの設定)ダイアログボックスで、[New...] (新規)をクリックします。
  4. 新しいコンテキストの名前を入力してから、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    現在の接続で定義されたコンテキストは、ダイアログボックスにリストされます。
  5. 必要に応じて、もう一度[New...] (新規...)をクリックして上の処理を行い、必要な数だけコンテキストを作成します。
  6. [OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じてから、[Finish] (終了)をクリックして[Create/Reuse a context group] (コンテキストグループの作成/再利用)ウィザードを終了します。
    [Database Connection] (データベース接続)ウィザードでは、すべての接続設定はコンテキストとして設定され、読み取り専用になります。
    ファイル接続ウィザードでは、すべての接続設定はコンテキストとして設定され、読み取り専用になります。
  7. [Finish] (終了)をクリックし、ウィザードを閉じます。
    [Choose context] (コンテキストの選択)ダイアログボックスが表示されます。
  8. 必要に応じて、現在のデータベース接続またはファイル接続のコンテキストを変更してから、[OK]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。
    必要に応じて、接続を使用するすべてのジョブおよび分析にその変更をプロパゲートするよう促すメッセージが表示されます。
  9. [Yes] (はい)をクリックして操作を確定し、メッセージとダイアログボックスを閉じます。
    選択された接続はコンテキストとしてエクスポートされ、StudioのIntegrationパースペクティブの[Contexts] (コンテキスト)ノードの下にコンテキストとしてリストされます。

タスクの結果

データ統合ジョブまたはデータクオリティ分析で使用するコンテキストおよび変数の一元管理の詳細は、データベースメタデータの一元管理を参照して下さい。