コンテキスト変数を使用したデータソースへの接続 - 7.0

その他の重要な管理手順

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Data Fabric
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
データクオリティとプレパレーション > データクレンジング
データクオリティとプレパレーション > データプロファイリング
EnrichPlatform
Talend Administration Center
Talend DQ Portal
Talend Installer
Talend Runtime
Talend Studio

プロファイリングパースペクティブからコンテキスト変数を定義して、データソースに接続し、特定のコンテキストで分析を実行するように決定できます。

StudioのProfilingパースペクティブで、[DQ Repository] (DQリポジトリ)ツリービューの[Metadata] (メタデータ)ノードで定義する任意のデータベースまたはファイル接続の複数のコンテキストパラメーターを定義することができます。ここでは、データベースまたはファイル接続を使用する分析を1つ以上実行するための、特定のコンテキストパラメーターを選択できます。たとえば、分析を本番で使用する準備を整える前に、実行および検証したいさまざまなテスト段階がある場合があります。

データベースまたはファイルの接続情報の設定については、データベースへの接続またはファイルへの接続でそれぞれ説明していますが、接続をコンテキストとしてエクスポートし、Studioの[Integration]パースペクティブのIntegrationノードの下でそれを一元管理することができます。このコンテキストは、現在の接続を使用するデータクオリティ分析で再利用できます。同じ接続に異なるコンテキストパラメーターを作成し、後で特定のコンテキストで分析を実行するように選択することもできます。

データ統合ジョブまたはデータクオリティ分析で使用するコンテキストおよび変数の一元管理の詳細は、データベースメタデータの一元管理を参照して下さい。