マッピングコンポーネントの追加 - 7.1

Talend Open Studio for Data Integration 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

以下の手順は、既存の接続にコンポーネント名を直接入力することでマッピングコンポーネントを追加する方法を説明しています。

手順

  1. filter_moviesという名前の新規ジョブでコンポーネントtFileInputDelimitedtLogRowをリンクしている[Row] (行)接続を選択し、tMapの名前またはその一部を入力します。

    コンポーネント名の最初の数文字を入力すると、入力した文字列に一致するコンポーネントのリストが表示されます。コンポーネントを選択して、コンポーネントリストの横にその説明を表示することができます。

  2. リストのtMapをダブルクリックして接続に追加します。

    これで、新しく追加したtMapコンポーネントが入力コンポーネントに接続されました。ここでダイアログボックスが開き、新しい出力接続に名前を付けるように求められます。

  3. 新しい出力接続の名前を入力し(この例ではValid_movies)、[OK]をクリックします。入力スキーマをターゲットの出力コンポーネントにプロパゲートするかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[Yes] (はい)をクリックします。

タスクの結果

これで、tMapコンポーネントがジョブに追加され、[Row] (行) > [Main] (メイン)接続経由で既存の2つのコンポーネントに接続されました。