リジェクトされたデータのマッピングを設定する - 7.1

Talend Open Studio for Data Integration入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

この手順は、リジェクトされた情報を収集するためにマッピングを設定する方法を説明しています。

手順

  1. [tMap]コンポーネントをダブルクリックして、マップエディターを開きます。

    2つ目の出力テーブルがInvalid_moviesという名前で自動的に作成されています。

  2. movieIDカラムと[title] (タイトル)カラムをrow1テーブルからInvalid_moviesテーブルにドロップします。
  3. Invalid_moviesテーブルで[tMap settings] (tMap設定)ボタンをクリックし、[Catch lookup inner join reject] (ルックアップ内部結合リジェクトのキャッチ)[Value] (値)フィールドをクリックし、表示される[...]ボタンをクリックすると[Options] (オプション)ダイアログボックスが開きます。ダイアログボックスでtrueを選択し、[OK]をクリックします。

    この設定では、ディレクターIDの有無を問わず、参照ファイル内のレコードと一致しないレコードはすべて、この出力に渡されます。

  4. [OK]をクリックしてマッピングを確定し、マップエディターを閉じ、変更をプロパゲートするかどうかを尋ねるメッセージが表示されたら、[Yes] (はい)をクリックします。

    マッピング設定が保存され、出力スキーマが出力コンポーネントに同期します。

タスクの結果

これで、リジェクトされた出力に対するマッピングが設定できました。次に、出力フローをデータベーステーブルに書き込むように出力コンポーネントを設定する必要があります。