ディレクターファイルメタデータのプレパレーション - 7.1

Talend Open Studio for Data Integration 入門ガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Open Studio for Data Integration
task
インストールとアップグレード
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Studio

この手順は、[Repository] (リポジトリー)内の参照ファイルdirectors.txtdirectors.txtのメタデータを設定する方法を説明しています。このメタデータアイテムは、このシナリオでルックアップ入力の追加と設定に使用します。

始める前に

  • ディレクトリーC:\getting_started\input_data\内にファイルdirectors.txtの準備ができているとします。

手順

  1. [Repository] (リポジトリー)ツリービューで[Metadata] (メタデータ)ノードを展開し、[File delimited] (区切り記号付きファイル)を右クリックし、コンテキストメニューから[Create file delimited] (区切り記号付きファイルの作成)を選択して、[New Delimited File] (新規の区切り記号付きファイル)ウィザードを開きます。
  2. ファイル接続の名前(この例ではdirectors)、およびファイルメタデータの説明に役立つその他の有用な情報を入力し、[Next] (次へ)をクリックして次の手順へ進み、ファイルの一般的なプロパティを定義します。
  3. [File] (ファイル)フィールドにソースファイルのパスを指定するか、または[Browse] (参照)をクリックしてファイルに移動します。

    ファイルがロードされ、[File Viewer] (ファイルビューワー)エリアにファイルの抽象が表示され、ファイルの一貫性、ヘッダーの有無、さらに一般的にファイルストラクチャーを確認することができます。

  4. [Format] (形式)リストから[Windows]を選択し、[Next] (次へ)をクリックしてファイルを解析します。
  5. [File Settings] (ファイル設定)エリアの[Field Separator] (フィールド区切り)リストからCommaを選択します。
  6. [Next] (次へ)をクリックしてファイルスキーマを取得します。

    生成されたファイルスキーマが[Description of the Schema] (スキーマの説明)テーブルに表示されます。

  7. スキーマにdirectors_schemaという名前を付け、カラム名をそれぞれdirectorIDdirectorNameに変更し、directorIDカラムのデータ型を整数から文字列に変更します。
  8. [Finish] (終了)をクリックしてスキーマを確定し、ウィザードを閉じます。

    作成されたファイルメタデータは[Repository] (リポジトリー)ツリービューに表示されます。

タスクの結果

これで、参照ファイルを読み取るためのコンポーネントを設定したときにディレクターファイルメタデータがすぐに使える状態になりました。