設定とバージョンの管理 - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

設定は非常に重要なコンセプトです。「設定」という名称は、設定がモデルの特定バージョンのコロケーション(語の連結)である「バージョンと設定の管理」という概念から来ています。

有効な設定は、モデルバージョン、マッピングバージョン、用語集、スティッチングのコレクションから構成されます。モデルバージョンは、Talendデータカタログにインポートされたデータストアとデータプロセスに関係します。

設定は次のように説明できます。
  • リポジトリワークスペースとは、技術範囲として、または同じアクセス権限範囲下の業務範囲として一緒に分析されるリポジトリオブジェクト(検索、参照、レポートなど)のコレクションのことです。
  • エンタープライズアーキテクチャーとは、データストアモデル(ODS、データステージングエリア、データウェアハウス、データマートなど)とデータ処理モデル(ETL/DIおよびBI)のコレクションのことです。
  • デザインワークフローとは、デザインプロセスをモデル化するセマンティックマッピングを通じて相互につながった(意味的にスティッチされた)概念上、論理上、物理上のコレクションのことです。

設定には1つ、または複数の設定バージョンが存在することがあります。設定のバージョンはそれぞれ、リポジトリオブジェクトのバージョンの個別コレクションとして捉えるといいでしょう。それによって、リポジトリオブジェクトのさまざまなバージョンが含まれている設定バージョンを複数定義できるようになります。

その結果、次の操作が可能になります:
  • 過去のある時点でデプロイされたモデルの古いバージョンが含まれている設定バージョンを使っての履歴分析
  • 将来デプロイされる可能性があるモデルのバージョンが含まれている設定バージョンを使ってのwhat-if分析