ビジネス用語集のワークフロープロセスの有効化と定義 - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
ワークフローは、用語集の作成時でもその後でも有効にできます。ただし、いちどワークフローを有効化および設定した後は、破棄も変更もできなくなります。

始める前に

  • 少なくともTalendデータカタログ Advancedライセンスエディションを所有していること。

  • [Administrators] (管理者)グループ、または[Application Administrators] (アプリケーション管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。

手順

  1. 用語集の設定を開きます。
  2. [Workflow] (ワークフロー)タブをクリックします。
  3. スチュワードとして割り当てられているユーザーやユーザーグループだけが用語を編集できるようにしたい場合は、[Allow only stewards to edit terms] (スチュワードだけに用語の編集を許可)チェックボックスを選択してください。
  4. [Enable Workflow and Publishing] (ワークフローとパブリッシュの有効化)チェックボックスを選択します。
  5. [Yes] (はい)をクリックし、この用語集のワークフロープロセスを有効にすることを確定します。
  6. ワークフローオプションを1つ、または複数選択します。
    ワークフローオプション 説明
    [Allow any user to propose terms] (どのユーザーにも用語の提案を許可) エディターセキュリティロールを持つ全てのユーザーに対し、カテゴリーや用語の追加を許可します。
    [Allow approval of terms] (用語の承認を許可) 承認を求めて用語を送信できます。
    [Allow review of terms] (用語のレビューを許可) 承認を求めて用語を送信できます。
    [Publish on Approval] (許可後にパブリッシュ) パブリッシュする前に承認をリクエストできます。
  7. [Save] (保存)をクリックします。