スチュワードの割り当て - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

1人、または複数の既存のユーザーやグループをスチュワードとしてオブジェクトに割り当てることができます。

スチュワードはカタログ内のオブジェクトを担当します。用語集カテゴリーや用語、データベーステーブルといったさまざまなオブジェクトタイプにスチュワードを割り当てることができます。

始める前に

  • [Administrators] (管理者)グループ、または[Security Administrators] (セキュリティ管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインしていること。
  • スチュワードのリストにユーザーやグループを追加していること。

手順

  1. Metadata Explorerで、オブジェクトの詳細ページを開きます。
  2. [Stewards] (スチュワード)エリアで、ドロップダウンリストからユーザーかグループを選択します。
    また、Metadata Managerからオブジェクトの設定を開き、[Properties] (プロパティ)タブでスチュワードを開くこともできます。
  3. 変更を保存します。