クエリーマッピングの定義 - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

始める前に

  • [Editor] (エディター)セキュリティロールが割り当てられていること。

  • クエリーマッピングを既に作成済みであること。

手順

  1. クエリーマッピングの名前をクリックして[Mapping Editor] (マッピングエディター)タブを開きます。
  2. [Add source] (ソースの追加)をクリックしてソーステーブルを選択します。
    フィルターを適用し、リストからの選択肢を絞り込むこともできます。
  3. 必要な数だけソーステーブルを指定します。
  4. [Columns] (カラム)タブで[Detect Links] (リンクの検出)魔法の杖アイコンをクリックし、テーブルとカラムを自動的に一致させます。
    また、手動で特定のソースカラムをターゲットカラムにドラッグし、すべてのカラムをマッピングさせることもできます。
  5. [Joins] (結合)タブで[Detect Joins] (結合の検出)魔法の杖アイコンをクリックし、ソーステーブルの結合を自動的に定義させます。
  6. 変更を保存します。