データプロファイリングとデータサンプリングの生成 - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

メタデータインポート中にデータプロファイリングを有効にする場合、Talendデータカタログは、インポート範囲にあるテーブルをすべて段階的にプロファイル化してサンプル行を収集します。

データプロファイリングとメタデータインポートの両プロセスでデータストアコネクティビティと範囲の詳細が共有されるため、データプロファイリングのコネクティビティを明示的に設定する必要はありません。

始める前に

  • データソースのブリッジがデータプロファイリングをサポートしていることを確認してください。
  • [Administrators] (管理者)グループに割り当てられたユーザーとしてサインインします。

手順

  1. [Import Options] (オプションのインポート)タブを開き、データプロファイリングとデータサンプリングのオプション(またはそのいずれか)を有効にします。
  2. [Data Profiling] (データプロファイリング)チェックボックスを選択し、プロファイル化する行の数を定義します。
  3. [Data Sampling] (データプサンプリング)チェックボックスを選択し、プレビューする行の数を定義します。
  4. 変更を保存します。
  5. データプロファイリングとデータサンプリング(またはそのいずれか)は、次の方法で実行します:
    • [Import] (インポート)ボタンをクリックし、モデルを再インポートしてテーブルやファイルの詳細ページに進みます。
    • テーブルやファイルの詳細ページに進み、[More actions] (その他のアクション)メニューで、[Generate Data Sampling and Profiling] (データサンプリングとデータプロファイリングの生成)をクリックします。