Explorerパネルの環境設定 - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog

手順

  1. Explorerパネルを開きます。
  2. ツールバーの右側にある[Preferences] (環境設定)アイコンをクリックします。
  3. 実行できる環境設定オプションは次のとおりです。
    フィールド 説明
    DISPLAY MODE (表示モード) このオプションで次の2つのプレゼンテーションモードが可能になります。
    • ツリー
    • ドリル
    HIERARCHY TYPE (階層タイプ) このオプションで次の3つのツリー構造を表示できます。
    • None (なし): 設定内のモデルのフラットな構造を表示します。
    • Configuration (設定): 設定内で定義されているフォルダーやコンテンツの構造を使ってツリーを表示します。
    • Repository (リポジトリ): リポジトリ内で定義されているフォルダーやコンテンツの構造を使ってツリーを表示します。
    MAXIMUM OBJECTS PER LEVEL (レベル別の最大オブジェクト数) このオプションで、特定レベルで表示するエレメントの数を指定できます。
    SHOW ATTRIBUTES (属性の表示) 全キュレーションアイコンや別名など、その他の属性もツリーに表示できます。
  4. 階層にはカテゴリー、スチュワード、ラベルといったルートフィルターを適用することも可能です。