物理データモデルでの作業 - 7.1

Talendデータカタログ Explorerユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.1
EnrichProdName
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
ジョブデザインと開発
EnrichPlatform
Talend Data Catalog
データストア要件とデータベースデザインで物理データモデルを利用できるのは、Talendデータカタログ Advanced Plusエディションのみとなりました。 物理データモデルを使ってTalendデータカタログの現行のデータベースをドキュメント化する必要はありません。

モデルと比べた場合、物理データモデルは基盤となるデータソースと完全に一貫性を保つ必要はありません。

PDMでモデル化する場合は次の操作が可能です:
  • 各エレメントのスキーマ、テーブル、カラム、物理プロパティを追加する
  • テーブルやカラムといったオブジェクトにビジネス名や説明を追加する
  • 図とサブジェクトエリアを使い、オブジェクトをグラフィカルに整理および表示する
  • 図を作成し、注釈を追加する
  • 基数、結合条件、動詞フレーズをはじめとする関係を追加し、相関関係にあるオブジェクトの理解を進める

PDMを他のデータモデリングツールにエクスポートできます。