Talendデータスチュワードシップアーキテクチャ - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship
このアーキテクチャ図は、Talend Data Stewardshipの機能ブロックおよび相互関係について説明しています。

次のような機能ブロックが定義されています:

  • Clients (クライアント)ブロック、およびWebブラウザーとTalend Studio。

    WebブラウザーからTalend Data StewardshipWebアプリケーションにアクセスします。ここでは、キャンペーン所有者およびデータスチュワードがキャンペーンおよびタスクを管理します。

    承認されたユーザーは、Talendキャンペーン所有者は、ジョブを使用して、Web アプリケーションで作成されたキャンペーンからタスクを読み込み、取得、または削除することができます。tDataStewarshipTaskInput、tDataStewardshipTaskOutput、および tDataStewardshipTaskDelete は、操作する3つの専用コンポーネントですTalend Data Stewardship.。

    詳細は、tDataStewardshipTaskOutputtDataStewardshipTaskInput、およびtDataStewardshipTaskDeleteを参照して下さい。

    コマンドラインまたはユーザーインターフェイスから、必要に応じてTalend DictionaryサービスサーバーにアクセスしWebアプリケーションのデータで使用されるセマンティックタイプを追加、削除、または編集します。詳細は、Talend Dictionaryサービスのセマンティックタイプをエンリッチする(コマンドライン)およびTalend Dictionaryサービスのセマンティックタイプをエンリッチする(ユーザーインターフェイス)を参照して下さい。

  • Servers (サーバー)ブロックにはTalend Data Stewardshipアプリケーションサーバーが含まれており、Talend Administration Centerに接続し、オプションでTalend Dictionaryサービス サーバーに接続します。

    Talend Identity and Access Managementサービスは、シングルサインオンを有効にするために使用します。

    管理者はTalend Administration Centerを使ってライセンス、ユーザー、ロールを管理できます。事前定義済みのロールを1つ以上ユーザーに割り当てると、Talend Data Stewardshipでアクセスや操作を実行するための特定の権限がユーザーに付与されます。詳細は、『Talend Administration Centerユーザーガイド』を参照して下さい。

    キャンペーン所有者はTalend DictionaryサービスによりWebアプリケーションのデータで使用されるセマンティックカテゴリを管理できます。その際にKafkaサーバーと通信されます。

    Kafkaサーバーはデータモデルの変更、キャンペーンでのデータモデルの使用、タスクに対する監査アクション、およびセマンティックカテゴリの管理など、Talend Dictionaryサービスを使用したセマンティックカテゴリーの管理などWebアプリケーションのすべてのイベントにおけるメッセージ交換で使用されます。

  • Databases (データベース)ブロックにはTalend Administration CenterとMongoDB データベースで使用されるデータベースが含まれます。

    Administration (管理)データベースはユーザーアカウントと権限を管理するために使用され、Audit (監査)データベースはStudioに導入されたジョブのさまざまな側面を評価するために使用し、Monitoring (監視)データベースは技術的なプロセスとサービスコールの実行を監視するために使用されます。

    キャンペーンとタスクは1つのMongoDBに保管され、セマンティックタイプは別のMongoDBに保管されます。コンピューターに直接保存されるものは何もありません。

    ただし、1つのMongoDBをTalend Data StewardshipTalend Dictionaryサービスで共有できます。このような場合は、MongoDBインスタンスで2つのデータベースが必要です。