検証状態のタスクへのアクセス - 7.0

Talend Data Stewardshipユーザーガイド

author
Talend Documentation Team
EnrichVersion
7.0
EnrichProdName
Talend Big Data
Talend Big Data Platform
Talend Data Fabric
Talend Data Integration
Talend Data Management Platform
Talend Data Services Platform
Talend ESB
Talend MDM Platform
Talend Real-Time Big Data Platform
task
インストールとアップグレード
データガバナンス > キャンペーンの管理
データガバナンス > タスクの割り当て
データガバナンス > データモデルの管理
データクオリティとプレパレーション > タスク管理
管理と監視 > ユーザーの管理
EnrichPlatform
Talend Data Stewardship

タスクには、キャンペーンで定義されたワークフローに基づいてさまざまな状態を経由するライフサイクルが含まれます。3段階のワークフローのうち適切なロールを付与された参加者だけが、タスクの検証が必要となる中間の状態にアクセスできます。

検証状態において、権限を持つデータスチュワードは1つのタスクまたは複数のタスクで移行の選択を実行し、ワークフローの最後の状態に移すことができます。

始める前に

手順

  1. [TASKS] (タスク)ページで、開くキャンペーンの名前をクリックします。
  2. メニューバーで[State] > [To validate]の組み合わせを使用して、検証状態に遷移したタスクのリストを開きますが、まだ割り当てられていません。
  3. タスクを選択し、[Me] (私)のとなりをクリックしてダッシュボードにタスクを移動するか、右側のパネルの [Assign tasks] (タスクの割り当て)オプションを使用します。
  4. 一番上のバーで、[Assignment] > [Assigned to me]の組み合わせをクリックして、最初のデータスチュワードによる選択を検証する必要があるタスクを表示します。
  5. 1つまたは複数のタスクを選択して変更内容を確認し、[Accept] (承認)または[Reject] (却下)をクリックします。
    選択したタスクの背景色が緑に変わり、Transition (トランジション)カラムに決定内容が表示されます。
  6. ページの右上の[Validate Choices] (選択の検証) をクリックして、タスクの移行に関する選択を検証します。

タスクの結果

承認されたタスクはリストから移動し、ワークフローの最後の状態に移ります。複数のデータスチュワードにワークフローの最初のロールが付与されている場合、却下されたタスクは元の未割り当てタスクのリストに戻されます。ただし、ワークフローの最初のロールが付与されているデータスチュワードが1人だけの場合、却下されたタスクはデータスチュワードの新規タスクリストに直接戻されます。